亜里馬々映画館

あんまし詳しくないけれど、すんごく偏ったみかただけど、好きなものは好き。ちょっとだけ僕の観た映画を紹介させて。

2016年01月

先日のFreeの話の続きです。
アメリカの「フリーウェイ」をご存知ですよね。
ブルース・ウィルス扮するジョン・マクレインが、
大型トラックでフリーウェイを発射台よろしく戦闘機に突っ込むシーンは覚えておられるでしょうか?
イメージとしては「何車線もある」「タダ」「とても長い」といったところでしょうか?
片道5車線というのはざらで、場所によっては8車線くらいになるところがあったりします。
いくつかのフリーウェイは北から南、東から西へ、
ずーっと繋がっているのでアメリカ縦断や横断ができたりするそうです。
しかし、必ずしも無料ということではありません。
場所によっては料金所が設けられ、有料のフリーウェイも存在します。
もともと、フリーウェイの「フリー(free)」は無料という意味ではないそうです。
信号がなくて停止する必要がないことからそう呼ばれているらしいのです。
たまにある料金所には係員はいなくて、コインの投入口にバスケットが付いています。
そして運転席からコインを投げ入れるようになっています。

日本の高速道路もそういえばハイウェイですよね?
高速で走ることができるから高速な...んでしょうが、
一般的には時速は80キロから100キロに制限されています。
全然高速じゃないじゃんって方もいらっしゃるかもね。

今年の夏に公開されるそうだ。それまでは生きている。…かな?
若き日のジェームズ・T・カークって設定は変わらないけど
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の撮影のためJ・J・エイブラムスが
監督を降板し代わりに『ワイルド・スピード』シリーズのジャスティン・リンが監督を務める。
ちょっと予告を見たけどなかなかリズミカル。
これもいいかな?なんたってスタートレックっ子の僕にとっては
今年も映画最高の年になりそうだ。

毎年それまで生きてるかな…生きてたいなって言いながらやっぱり生きながらえている。良いことだ
最近は動くのも少し辛くなってきた。
おそらく死んでしまうようなことはないんだけど
痛みがひどくなっているのもなんだかなぁ
薬の量が増えてきて、時々気持ちの悪いげっぷが上がってくる。
動かないせいだろうな。
映画館に映画を見に行きたいって思うんだけど
夏までには見に行けるようになろうと…

アメリカの自動販売機のお話です。屋外にあるアメリカの自動販売機は、鉄格子で囲まれています。映画バットマンに出てくるゴッサムシティ(GOTHAM CITY)そのままです。かなり異様な風景です。
そもそもアメリカには、日本のように自動販売機自体があまりありません。だいたい想像はつくかと思いますが、自動販売機の中のお金を盗まれてしまうからです。車社会ですので、ジュースを買いに行く時は、ガソリンスタンドかスーパーマーケットか、みたいな感じです。
日本はどこに行っても自動販売機があるし、何でも売っていますよね。おでんとか、おにぎりとか服、眼鏡、おもちゃ、何でもありです。ん?これは東京だけか。滋賀じゃそんなに需要もないか?いや。やってないだけで、もしかしたらそういうのも「あり」かもしれないですよね?

ここのところ、facebookに書きこもうとしては、もしくは投稿を編集しては、また消している。書いてはまた消す。なんだかそんなことばっかり繰り返しているような気がする。同じ内容ではなく、それぞれ違う内容や文章なのだけど、書きかけて、あるいはほとんど書き上げては、消す。とりあえずなんとか書いてアップした文章でも、書いてすぐ消したくなる。

消すくらいなら…という話なんだけど、でも書く。書きながら気づく、これは公開してはだめだ、と。書かなければ、気がつかないような気がする。
…書いては消すのも、それはそれで意味があるのでは。情緒不安定?かもね。

うまくいきそうだったら今すぐ始めたほうがいいよ。うまくいったら、それはそれで最高だし、うまくいかなくても結果が少し早くわかったと思えばいいのさ。どっちにしろ現実を受け入れて今いる位置から一歩でも前に進んでいることが大事なんだから。今どこにいるかなんて心配するよりも、どっちに進んでいるかってことが大事。
そうそう何かの謝罪会見みたいだけど「自分たちは、何があっても前を見て、ただ前を見て進みたい」って結構後ろ向き発言…あれはいったいどういう意味?

このページのトップヘ